AnyDVDをクラックして使用したい人へ

最初に断っておきますが、この記事はAnyDVD HDクラックの否定です。
リスク大きすぎますよ。考え直しましょう。

コンビニ売りしている本とかで、気軽にDVD/BDコピーの記事なんかが掲載されている今日この頃ですが、ちゃんとしたモラルとかリスクまで説明しているものは殆ど無いような気がします。
AnyDVD クラック」といった検索でたどり着く人が多いようなので、とりあえずモラル的なものは省いて、リスクを記載しておきます。

・AnyDVD HDの体験版期間延長は、無意味!

かつてはフル機能21日間という試用で、製品版との差異はありませんでしたが、現在ではAACS V12以降のリッピングの際にはサーバー認証が入る仕様になっています。その際に体験版のライセンス情報では認証サーバーにアクセス自体が出来ません。かなり機能制限されることになります。

・一度でもクラック版をインストールしてしまうと、後にライセンスを購入しても使用できない可能性が!

AnyDVDは試用版とライセンス購入後も、アプリケーション自体は同一。ライセンスを購入するとキーファイル(レジストリ情報)が送付されてきます。これによりユーザー名とシリアルなどのライセンス情報が使用PCに記録され、フル機能が使用できるようになります。
ところが、ネット上にはクラックしたキーファイルが落ちていることがあります。サーバー認証が必須となっているAnyDVDは、当然ながらクラック情報も累積されてメーカー側が把握しており、クラック版は途中から使用できなくなります。同一ライセンスで複数のIPアドレスから認証が行われると、そのライセンスが凍結される仕組みのようです。それだけでなく、アンインストール後に正規ライセンスを購入しても、クラック情報が残っていることで、使用自体が出来ない場合もあります。


・ヤフオクのAnyDVD出品は、すべて詐欺

再販してませんよ。しいて言えば海外シェアフィーの支払い代行業者は存在しますが、あくまでも支払い代行です。ヤフオクとは関係ありません。BDコピーパックとか言って業者を装っていますが、ヤフオクの出品は、すべてクラックによる詐欺です。

・ネットに貼られたURLからダウンできるクラック版には、ウィルスやワームがてんこ盛り

OSの再インストールを余儀なくされることもあり、それだけでなく個人情報の流出とか、とにかくリスクが大きすぎるので、安易に手を出すのは危険極まりない行為です。


Wind○ws100%とか、PC G○GAとか、コンビニ売りしている雑誌は、ちゃんとその辺まで説明しないと、モラル崩壊でリスクが拡大している気がします。


BDAV、AVCRECに正式対応!! 10/03まで20% OFF AnyDVD HD
■  [PR]

by hdrip | 2010-09-20 06:55 | Blu-rayリップ(BDMV)

<< 年末のAACS状況は?  BDレコーダーの録画をパソコン... >>