私的録画を活用する。BDリッピングとか諸々。BDリップは簡単ですよー。AnyDVD HD 導入についても解説。


by hdrip

AnyDVD HDについて

BDリップには欠かせないAnyDVD HDの話。
このソフトは21日間利用可能(それ以降はオンライン決済で要購入)のオンラインソフトです。
開発元のSlySoftはCloneCD等の現行取り扱いとしてもちょっと有名。
2009年2月時点での価格は、2年間のアップグレード権付で79ユーロ。生涯アップデート権付では109ユーロです。円高ユーロ安も相まって、¥9,300~¥12,800-位でしょうか。
結構なタイミングで20%オフセールを実施していたりするので、時期によってはもう少し安く購入できます。

AnyDVD HDがインストールされた環境であれば、市販BD/HD DVD/DVDソフトは軒並みそのままコピーできてしまいます。
Blu-rayビデオのプロテクトはものすごい速度で更新されていますが、AnyDVD HDは新プロテクトでも数日程度で解析、アップデータによる更新で対応し続けています。前例として、新プロテクトを導入したソフトが、まだ発売されていないタイミングでプロテクトを突破していたりすることも過去に数回あったりしました。

こんなヤバげ? な側面も持つソフトがなんで野放しになっているのか、いくつかの理由が推測されます。

・ソフト会社の所在地はカリブ海の島国アンティグア・バーブーダ。主要産業としてオンラインカジノが集中してます。また、欧州の著作権法が及ばないということでしょう。
・コピーが主目的ではないという点。ソフトウェアライセンスの同意事項(EULA)の記載でも自己責任の旨の記載がありますが、それ以前にこのソフト、プロテクトを解除せず、丸ごとイメージ化することも可能。プロテクト解除関連は不正競争防止法とかに抵触しそうな感じもしますが、わざわざ民事で訴えるところもないか?

上げ連ねた点だけではグレーな感じがありますが、このソフトはある面で非常に使い勝手が良く重宝します。それは HDCP非対応の環境でもBlu-ray再生を可能にするところ。

通常、デジタル接続された環境では、著作権保護の都合でHDCP対応の機器(ビデオカードおよびモニター)でないと、まったく見ることができません。
なんせDVI>HDMI変換が標準で付いたビデオカードにもHDCP非対応の物があったりします。(結構レアですが)

HDCP対応の液晶が普及してきたのは、ここ数年の話。まだまだ非対応の機器が溢れています。わざわざ買いなおさなくても、ソフト一つ入れておくだけでHDCP環境を不要とする同ソフトは、一昔前のPC環境でBlu-rayを扱う上ではかなり恩恵があったりします。


AnyDVD HD21日間試用とダウンロードはこちら
[PR]
by hdrip | 2009-02-12 00:42 | Blu-rayリップ(BDMV)